お給料に合わせる|婚約指輪の相場を知ると損をしなくて済む

LOVE

手に入れる方法

花嫁

ウェディングドレスを手に入れるというのであれば、レンタルするという方法があり、しかも最近の店舗では種類とサイズが多いです。オーダーメイドをするなら一から自分の好みにできますし、それが難しいならパーツを集めて制作することも可能です。

詳細

長く身に付けるために

リング

ジュエリーショップにある多数の結婚指輪の中でも、定番の人気を誇るのがシンプルなデザインです。飽きが来ずに、長く使えるのが理由です。結婚指輪を選ぶときは重さや引っ掛かりにも注意します。重たい指輪や引っ掛かりやすい指輪は、普段から着用しにくいためです。

詳細

おすすめのジュエリー

男女

東京でも購入できるハワイアンジュエリーは、古くから大切な人へのプレゼントとして贈られてきました。ハワイの自然がモチーフとなった美しいデザインで、世界でたった一つのジュエリーが手に入れられるという魅力があります。

詳細

給料1ヶ月分以上が目安

カップル

価格に対する考えも多様化

男性にとって、生涯で渡すプレゼントでもっとも大切となることも多いのが婚約指輪です。それだけに悩む人も多く、特に相場に関しては昨今様々な意見があるので、覚えておくと役立ちます。一般的に婚約指輪の相場は昔は男性の給料の3ヶ月分と言われていましたが、実際には給料の1ヶ月分余りが多くなっています。具体的な金額としては20万円から30万円程度が婚約指輪の相場です。しかし実際の相場は、指輪をお店で見てから決めることが多いため、個別に見ていくとある程度上下する傾向があります。また最近では親などから譲り受けた婚約指輪を、リメイクして渡すケースも増えています。その場合の相場はおよそ5万円からがスタート価格ですが、リメイクが大掛かりになるとかなり高額になるケースもあります。

購入は2人で一緒に

一般的に給料の3ヶ月分といった相場も伝わる婚約指輪ですが、最近では結婚に対する考えも多様化しているため、相場に関してもバラバラに近い傾向があります。婚約指輪を選ぶときには、できれば2人で一緒に選ぶのが理想的です。2人で一緒に婚約指輪をチェックすれば、話し合って相場を決めることもできます。またその場で試着できるので、婚約指輪のサイズが合わないといったトラブルとも無縁です。しかしどうしてもサプライズとして1人で購入をして渡したいという場合は、もう1つ考えたい方法があります。それが事前に彼女の指輪のサイズなどを把握しておくことです。誕生日プレゼントなどで指輪を一度一緒に購入してあげた際に、サイズや好みなどを聞き出しておけば、1人で彼女にピッタリの婚約指輪をチョイスできる可能性もぐっと高まります。